1. >
  2. >
  3. 店舗で行われている空き巣・強盗対策

店舗で行われている空き巣・強盗対策

指輪

犯罪対象になりやすい店舗

一般家庭でも空き巣や侵入などの被害に遭うことは珍しくありませんが、店舗もまた狙われやすいところです。
現金が常に用意されていますし、宝石店やブランド品では常に高額な商品が展示されており、
短時間で多くの収穫が得られるので、それゆえにこういったお店は犯罪の対象になりやすいです。
犯罪の被害を少しでも減らすためにも高級時計や宝石などは夜間は防犯金庫に入れておくこともおすすめですね。

そして金庫は重いものでもそのまま持ち出されてしまうことも多いですので、
金庫を持ち去ろうとすると大音量が鳴るようにしておいたり、
簡単に動かせないようボルトなどで固定しておいたりするようにしましょう。

それから24時間体制で営業しているコンビニなどは夜間はお客が減り、そういった時間は特に狙われやすいです。
まず、夜間誰もいなくなった店は空き巣の被害に遭いやすいですが、
まずは店の内部、外部どちらにも防犯カメラは設置しておきたいものです。

防犯カメラの映像がもとで犯人が逮捕されることは多いですし、
そして犯罪者は姿を映されることを何よりも嫌いますから、設置しておくだけで犯罪を抑制する効果が期待できます。

侵入するのに時間がかかるような対策を取る

玄関やシャッターのカギもピッキングされやすいものではなく、
できるだけセキュリティの高いものに変えておくことがおすすめです。

犯罪者は短時間で侵入できなかったらあきらめて立ち去ることも多いですから、
できるだけ侵入に手間がかかるようにしておきましょう。

さらに窓からの侵入を防ぐためにも防犯ガラスに替えるなどの工夫はしておきたいものです。

それから警備会社と契約しておくと、もし侵入などの形跡があれば、すぐに駆けつけてもらうこともできます。

狙われるのは防犯対策が甘い店となることが多いですから、できるだけしっかり対策はしておくのが一番です。
防犯対策の甘い店は同じような犯罪に何度も遭うことも少なくありませんので、
こういった部分にかける費用は惜しまないようにします。

そして24時間営業のお店などでは、従業員が一人という店が被害に遭いやすいですから、
夜中でも複数の従業員を置くように心がけておきたいところです。

もしもに備えて日頃から強盗などに入られたときの対策はしっかり行っておくことも大事です。
それからコンビ二などでは万引きの被害も多いですが、
防犯カメラやミラーで死角を少なくするのはもちろん、
万引きの対象になりやすい商品はできるだけレジの近くに置いておくのが良いでしょう。