あなたのお店は大丈夫?犯罪・セキュリティ対策まとめ

空き巣や強盗に狙われやすいお店の場所はあるのか

空き巣に注意

後を絶たない空き巣や強盗による被害

世の中が不景気のためなのでしょうか、
店舗に対する空き巣や強盗の被害は、後を絶たないと聞いています。
実際にどのような店舗が、空き巣や強盗に狙われてしまうのでしょうか。
店舗の場所が、空き巣や強盗の被害に影響するのでしょうか。
少し調べてみましたが、店舗の立地場所にて、
空き巣や強盗に狙われやすい条件があることが分かりました。
以下に、実際に狙われやすい店舗場所の条件について、例を挙げて説明をすることにします。
狙われやすい店舗場所の例を挙げることで、そのような例に該当する店舗の経営者が、
防犯の意識を高めてくれれば幸いと考えています。

空き巣に狙われやすい立地条件

まずは、空き巣に狙われやすい店舗場所の条件について説明をします。
第一の条件としては、人がいないのが外からでも
すぐに分かってしまう路面にあるような店舗であることです。
前面の壁をガラス貼りにしている店舗も多く、
夜中無人になるのが外からも分かりやすいので
普通の家より空き巣や強盗の被害に遭いやすいのが路面店です。
こういった店舗では、特に入り口や出口の防犯をしっかりと行う必要があります。
防犯対策には、セキュリティ関連業者に依頼するか、鍵業者に依頼すればよいでしょう。
鍵業者では、「カギの救急車」が有名なので、
一度参考にしてみてください。

第二の条件としては、商店街の中にある店舗の一つであることです。
商店街の店舗は、通常では、夜中や定休日などは、
どの店舗もほとんど無人になってしまうことが多いです。
無人であれば、店舗への侵入のために多少大きな音を立てたとしても
他の人に気づかれる可能性は低いため、空き巣の犯行を行いやすくさせています。

強盗に入られやすい立地条件

強盗に狙われやすい店舗場所の条件について説明をします。
第一の条件としては、オフィス街などにある店舗であることです。
オフィス街では、昼間は人通りは激しいですが、
夜中になるとほとんど人通りが無くなってしまう場合が多いです。
そのため、その時間まで営業している店舗へ
他の人に気づかれることなく、強盗を行いやすくさせています。

第二の条件としては、周りに店舗や人家があまり存在しない場所にある店舗であることです。
こういう立地条件の店舗では、昼夜問わずに目撃者に犯行を見られる可能性が低いので
強盗に入られてしまう可能性は高くなります。

第三の条件としては、外から見通しの悪い場所にある店舗であることです。
例えば、ビルの地下にある店舗や、
入り組んだ路地の先にある店舗などが、これに該当します。
このような店舗でも、外からでは店舗内を確認しにくいため、
昼夜問わずに目撃者に犯行を見られる可能性が低いので、強盗に入られてしまう可能性は高くなります。

このように、空き巣や強盗に狙われやすい場所の店舗の条件についていくつか説明をしましたが
条件に該当する店舗の経営者は、防犯意識を高く持って
セキュリティ対策を実施する必要があると考えられます。