1. >
  2. >
  3. 偽札やつり銭詐欺に狙われやすいお店の種類はあるのか

偽札やつり銭詐欺に狙われやすいお店の種類はあるのか

すき屋

犯罪に遭いやすい店舗の傾向

店舗内にて、偽札詐欺やつり銭詐欺の被害にあったという話をよく聞きますが、
どのような店舗が、そのような犯罪の被害に遭っているのでしょうか。
狙われてしまうお店というのは、何か傾向のようなものはあるのでしょうか。
以下に、偽札詐欺やつり銭詐欺に狙われやすい店舗について、簡単に紹介をします。

狙われる店舗の傾向

偽札詐欺に合いやすい店舗にについて、紹介をします。
一番最初にまず狙われると考えていい店舗は、スーパーやコンビニエンスストアなどの店舗です。
特に、お昼時や夕方のレジが混雑する時間帯に多く使用されているようです。
スーパーやコンビニエンスストアでは、混雑時には、
店員もいちいちお札の真贋を確認している余裕がないので、偽札使用が成功する可能性が高くなるためです。
第二に狙われやすい店舗は、百貨店などの店舗です。

特に、年末年始のバーゲン時などに多く使用されているようです。
この場合でも、混雑時には、店員もいちいちお札の真贋を確認している余裕がないので、
偽札使用が成功する可能性が高くなっているようです。

第三に狙われやすい店舗は、コミケなどに出店している店舗などです。
これは、インターネットで偽札使用場所について検索していて発見したのですが、
このような所でも使用されているのかと正直驚きました。
コミケという言葉はあまり馴染みがないかもしれませんが、
コミックマーケットの略で、素人が作成したマンガやアニメなどの同人誌を販売、購入できる場所のことです。
年に1、2回程度の割合で東京近辺にて開催されるイベントで、毎年何十万人もの人が参加しているものです。
そのため、開催期間中は会場は非常に混雑していて、
参加している店舗の店員もいちいちお札の真贋を確認などできる状態ではないので、
偽札の使用が容易となっているようです。

つり銭詐欺に狙われる傾向にある店舗

つり銭詐欺に合ってしまいやすい店舗にについて、ご紹介をします。
まずは最初に危ないと感じるお店なのですが、偽札犯罪と同じくスーパーやコンビニエンスストアなどの店舗です。
やはりこれも偽札犯罪と同様で、混雑する時間帯に、よく犯行が行われているようです。
混雑する時間帯は、店員の注意力も散漫になりがちなので、そこを犯人につけ込まれる形となるようです。
また、混雑時には、店員も他のお客様への迷惑となってしまうと考えて、
犯人の言いなりになってしまう場合もあるようです。

第二に狙われやすい店舗は、自動販売機を保有している個人商店などの店舗です。
スーパーやコンビニエンスストアなどの大型店舗では、
店員教育がしっかりとされている所が多いため、つり銭詐欺が成功する確率が低くなります。
それに比べて、個人商店などの店舗では、あまり防犯意識が高くない所が多いため、
つり銭詐欺が成功する確率が高くなっています。

このように、店舗における偽札詐欺やつり銭詐欺の発生頻度には、
店舗の種類が大きく影響する場合が多いようです。
ここで例を挙げた店舗はもちろんのこと、その他の種類の店舗でも、
防犯意識を高めて、セキュリティ対策を十分に行うことが重要だと考えます。