1. >
  2. >
  3. 店舗の偽札・つり銭詐欺対策

店舗の偽札・つり銭詐欺対策

小銭

店舗側が行う対策

詐欺と言うのは昔から行われてきている物で、落語であれば時そばとか壺算というのが有名でしょう。
店主に対して色々な事を言って支払いやつり銭等をごまかしてしまう物なのですが、実際にそれをされてしまうと店舗側としてはたまったものではありません。

その中でも偽札・つり銭詐欺は店舗にとっても頭を抱えてしまう大きな問題となっています。
従って、そういう詐欺に遭わないようにするためにも、店側としてはしっかりとそれに対する対策を講ずる必要があるのです。

ただ、お店の店員さんは人間なので、時にはミスをしてしまう事も有ります。
だから出来るだけ被害に遭わないようにするためにも、その対策を早急に行い、また店員に対してそういう事に関する教育をしっかり行う必要などがあるのです。

では実際に行うことが出来る詐欺対策とはいったいどういう物があるのでしょうか。
一つは両替をしないということです。
お客の中には両替を求めている人もいますが、お金とお金を交換するということは時には偽札と交換してしまう可能性も否定できません。

従ってお店のルールとして両替をしないということを決めるのも一つの方法です。
ただ断る時は横柄な感じとか「ルールなんで!」という感じで強く出るのではなく、一応客商売なので丁寧に断るようにするというのもルールに加えておくのをお勧めします。

二つ目は防犯カメラを設置するということです。
ただカメラの台数によっては死角ができてしまうのでそれほど効果が期待できないことも少なくありません。
従ってレジに関してもカメラを設置して、なおかつ客からもそうしてカメラを利用しているのが分かるようにしましょう。

お客様から受け取ったお金はつり銭を渡した後でレジへしまうようにする

会計の時お客が渡して来たお金をすぐにレジの中に入れないようにするのも重要です。
入れてしまってはもうほかの物と区別がつかなくなってしまうからです。
だから受け取ったら、すぐにお金をレジに入れない、その金額を声に出す、おつりを渡す時は手のひらなどに客から見て分かりやすいようにした状態でおつりの額を口に出してお客に伝えるようにする、これらはとても重要な事といえます。
いちいち確認する事は面倒かもしれませんが、こういった確認がつり銭詐欺を防ぐことが出来るのです。

またつり銭詐欺の場合、自販機にお金を入れたのに出てこないなんて言って小銭をだまし取ろうとする人も中にはいるので注意しましょう。
それを防ぐ為にも、店員が自販機の中にお金が入っているかどうかを確認する、その自販機自体の調子が悪くないかを確認するのが重要です。

偽札・つり銭詐欺被害に遭わないようにするためには、まずはしっかりと監視しているのをアピールする事、そして時間は少し余分にかかるかもしれませんが一つ一つを声に出して確認しましょう。

そういう事をし続けると、そのような詐欺に遭う可能性がかなり低くなっていきます。