1. >
  2. >
  3. 偽札・つり銭詐欺に合わないために

偽札・つり銭詐欺に合わないために

いつ何処で起こるか分からない犯罪

皆さんにあまり馴染みがない犯罪かもしれませんが、偽札・つり銭詐欺という犯罪があります。
被害にあうのは商店や飲食店などが多く、昔からある詐欺ですが現在も後をたちません。
犯罪はいつどこで起きるか分からないものですが、「自分はないだろう」と思ってしまうのも事実です。
しかし、そのような考えが被害に巻き込まれる原因でもあるため、きちんと日頃から意識をしたほうがいいでしょう。

そして、意識だけでなく対策を考えなくてはいけない問題です。
では、偽札・つり銭詐欺というのは具体的にどのような犯罪なのか紹介しましょう。
手口は一つではなく、様々な方法で犯罪を起こしてきます。
まずは「偽札詐欺」ですが、これは偽のお札で商品を購入する手口です。

その偽札で商品を手に入れたり、または手に入れた商品を転売してお金儲けをするケースもあります。
これが一般的に良く知られる偽札詐欺です。
他にも、安い商品を購入し偽札で支払いを済ますことで、おつりを騙し取る手口もあります。
例えば500円の商品を1万円(偽札)で購入すると、9,500円のおつりが出ます。
そのお金が騙し取ったお金なのです。

最近では、偽札も巧妙に作られており、見た目や肌触りで判断をすることが非常に難しくなっています。
そのため被害にあうお店が増加しているのです。

つり銭詐欺は”おどし”による犯罪が多い

「つり銭詐欺」ですが、こちらは所謂”おどし”による犯罪です。
例えば、代金支払時に5,000円で支払いを済ましたのに、「1万円を出した」と言い張り、おつりを余分に騙し取ります。
因縁をつけてくるため、他のお客さんの目もありますし、店側としても対応が難しいのが現状です。

また、「つり銭が足りない」と因縁をつけてくることもあります。
1万円の商品を購入し、おつりが5,000円なのに、4,000円しか受け取っていないと騒ぎ立て、1,000円ぶんのおつりを騙し取ることもあります。
そして同じような犯罪は自動販売機でも起こるのです。
「1,000円を入れたのに、おつりが出てこない」といって、おつりを騙し取る手口です。
お客様を待たせては悪いという意識から、機械の故障などの確認をしないままつり銭を渡してしまうことが多くなります。

そのため自動販売機のつり銭詐欺も多くなっています。
このように犯罪の一部を紹介してきましたが、犯罪の対策にはお客の対応マニュアルや防犯意識が必要です。
例えば、支払時に受け取ったお金は直ぐにレジに入れない、
お客の前でおつりの確認をしてから渡すなど、私たちができる犯罪対策があるのです。
しっかりこれらを意識して行い、自分自身で犯罪を予防する力をつけていきましょう。