1. >
  2. >
  3. 被害は最小に、店舗のスリ・万引き対策

被害は最小に、店舗のスリ・万引き対策

被害は最小限に

お店を経営している人にとって頭の痛い問題の一つがスリ・万引きです。
例えば万引きであれば店舗側に大きな被害がある場合もあります。
またスリであればそのお店に来た人が被害を受けてしまう可能性もあるので、
できるだけ起こらないように阻止しなければなりません。

そこで重要となってくるのがスリ・万引き対策です。
例えば効果的な方法としては防犯カメラを設置したり、
店員が定期的に巡回をするなどを挙げる事が出来ます。
その防犯カメラ自体が本物なのかダミーなのかは関係なく、
それを設置する事によってスリ・万引きはかなり減る事があるのです。

また店員が巡回すればそれだけ異変にも気づきやすくなるので、より一層防ぐ事が出来るでしょう。
ただ防犯カメラは残念ながら万能ではありません。
どうしても死角が出来てしまって、カメラで映し出す事が出来ない部分も存在します。
またあまりにもカメラを設置しすぎるとお客さんから嫌がられてしまう事も有るので注意しなければいけません。

店内にある棚の位置や防犯カメラの配置に注意

ポイントとなるのが、棚などの配置です。
カメラに写りにくい場所、店員の死角になりやすい場所は出来るだけ作らないようにするのが重要でしょう。
その為まずは棚を見通し良い感じで配置する事が重要です。

またどうしても棚を上手に並べる事が出来なければ、
カメラの増設かミラーを使うなどして見えない場所を極力減らすしかありません。
もう一つは出入り口の所に万引き防止装置を設置するという事です。

レジを通っていない商品を持って出口を通ろうとすると警報が鳴るように設定されているので、
簡単に万引きをした人を捕まえやすくなっていきます。
勿論、機械は誤作動をする場合もありますが、できるだけ被害を最小限にする為にも、
設置できるのであれば万引き防止装置を設置するようにしましょう。
そうする事でかなり万引きの発生件数が減っていきます。

スリ・万引きはそのお店の死活問題にも影響を及ぼしてしまう事があります。
勿論どんな対策をしたとしても万引きが起きてしまう可能性をゼロにする事はできませんが、
何もしていない時に比べるとかなりその可能性は低くなるのです。
だからお客さんに安心して買い物をしてもらう為にも、お店側としてはしっかりと対策を講じるようにしましょう。
また万引きは別ですが、スリの場合はお客の方が原因となっている事も少なくありません。

それが無防備な状態で買い物などをしているという事です。
例えばお尻の方のポケットに財布を入れている人が時々いますが、
外側から見える状態にしているとそれだけで盗んでもらいたいというように見えてしまう事だってあるのです。
だからそうならないようにするためにも、お店側だけでなく買い物に来る側もしっかりと注意する必要があります。

だからお店が側としては店内のレイアウトを変えたりセキュリティを強化するだけでなく、
お客さんの方にも防犯意識を持つようにしてもらい、個人でできるスリ・万引き対策を伝えるなんていうのも重要なことです。