1. >
  2. >
  3. 店での万引きとスリを防ぐには

店での万引きとスリを防ぐには

一眼レフカメラ

効果がある防犯対策

店舗における万引き安に対する効果的な防犯対策の一つとして、
防犯カメラ設置する方法があります。

設置するカメラは必ずしも本物でなくても良いので、
コスト的に導入するのが大変な小規模な店舗の場合でもこの対策は実行可能です。
防犯カメラを導入するときはそれを過信しすぎないように心がけるようにしましょう。
それも含めて、万引き、スリの防止対策です。
防犯カメラを設置しても、どうしても死角ができてしまうことは避けられません。

それを補うためには店員による定期的な店内の巡回を行うのが効果的です。
店員が店内を巡回することで、より売り場の異常にも気づきやすくなるという利点もあります。
ホームセンターなど広い店舗の場合は店員ではなく、専門の警備員に店内の巡回を任せるようにしましょう。

あまり店内を防犯カメラだらけにしますとお客様が嫌がりますので、
なるべく少ない設置数で最大限の効果を上げることも店舗での万引き・スリ対策には大切です。
できる限り防犯カメラの死角をなくし、費用対効果を最大限に引き出せるよう、
店内に商品を陳列する棚を設置するときは見通しが良くなるようにレイアウトすることがポイントです。

棚をどう配置しても死角ができてしまうようであれば、防犯用のミラーを活用するか、カメラの増設を検討しましょう。
すぐにでもできるお店の防犯対策には、万引きの被害に遭いやすい商品はレジの近くに陳列する、
本物の商品をレジの特に置き、外箱だけを陳列するようにする、といったものもあります。

商品の値段をごまかされてしまう危険性!

POSシステムなどを導入していない店の場合は、
悪質な客によって値札をつけかえられて商品の値段をごまかされてしまう危険性がありますので、
簡単に剥がしてつけ変えることができない材質のラベルを使うようにする対策が必要です。

万引きをしそうなあやしい客を見かけたら、逆に「いらっしゃいませ。何かお探しでしょうか?」など、
積極的に声をかけるようにすることも防犯対策になります。
店員が不審者にスムースに声をかけられるように、万引き犯を見かけたらどう対処するのか、
その教育を普段からしっかりと行うことも有効な方法の一つです。

一番強力な万引き対策は、店の出入り口に万引き防止装置を設置することです。
この装置を導入しますと、レジを通さない商品を持って店の外に出ようとしますと警報が鳴りますので、
万引き犯を高い確率でとらえやすくなります。
万引き防止装置は万引きの被害を最小限に食い止めるためにとても効果的な措置ですのでできる限り導入するのが望ましいです。

—–