1. >
  2. >
  3. 電子ロックを活用

電子ロックを活用

電子ロックって何だろう?

最近よく使われている鍵の中に「電子ロック」というものがあります。
電子ロックと普通の鍵は、そう違いがあるのでしょうか。そんな電子ロックと普通の鍵の違いについて、見ていきたいと思います。

よく電子ロックという名前だけはききますが、電子ロックについて良くしっている人というのは本当に限られています。だからこそ、ここで電子ロックについてきちんと学んでみて下さい。

電子ロックというのは、「タンブラー」の部分に磁石がついているタイプの鍵のことです。
そのタンブラーに鍵をさすと、バネのちからを利用して鍵がしっかり回ります。

この仕組みは「カギにマグネットがついている」ということにポイントがあります。キーにマグネットがついていますので、この吸引を利用して鍵をあけます。

当たり前ですが、普通の鍵よりはずっと複雑な鍵なので、その点で電子ロックはとても強力。しっかりと鍵を回すことができますし、何せ「マグネットを使って回す」ので、ピッキングなどはまずできません。
だからこそ、お店ではこの電子ロックが使われています。

お店ではいろいろな鍵が使われています

とはいえ、お店で使われ停る鍵というのは電子ロックだけではありません。
電子ロック以外でもいろいろな鍵が使われていて、だからこそお店がやっていけるのです。レジにだって鍵がついていますし、倉庫にだって鍵があるでしょう。

また、お店というのは色々なところに入り口がありますから、それぞれの鍵を管理しなければなりません。
こうして、いろいろな鍵を使っているからこそ、お店をきちんと保つことができるのです。金庫に使われている鍵だって、考えてみれば鍵ですからね。

最先端の鍵を使うことが多いです

とにかく、お店というのは最先端の鍵を使っていることが多いです。
やはり一般家庭と違ってまもるものの数が甚大ですから、それだけ強力な鍵を使って守ることが多いということなのでしょう。最先端の鍵が多く使われているお店は、鍵の勉強にもなりそうですね。

また、警備会社に依頼をしてきちんと警備をしてもらっていることも多く、このことを考えても鍵に関してはかなりのセキュリティをかけることがあるのでしょう。こういった企業は鍵のスペシャリストですから、最先端の鍵事情をみることができるのがいいですね。この様に、鍵事情には本当にいろいろなものがあります。お店で使われている鍵をひとつずつチェックしてみると、面白いことが解るかもしれませんよ。

また、今後もどんどん新しい鍵が発売されることが考えられますが、どんなものが発売されるのかが本当に楽しみですね。鍵は、今後もどんどん進化していくでしょう。