1. >
  2. >
  3. 防犯用シャッターセンサーを活用

防犯用シャッターセンサーを活用

防犯用シャッターセンサーについて

犯罪が起きやすい個所にはいろいろありますが、その中でも特に注目されているのが「シャッター」の存在。一般家庭でも、シャッターを破って中に侵入するというとんでもない輩がいるのは良く知られています。
万が一、シャッターを破られて中に入られてしまったら、とんでもないことになります。
そこで考えたいのが防犯用シャッターセンサーの存在。

そう、お店ではシャッターも防犯用シャッターセンサーという「防犯用」にすることで、防犯対策をしっかり行っているのです。
泥棒というのはお店の一瞬のスキをついて入ってきます
だから、「入口」になっているところは基本的に防犯仕様になっていると考えて下さい。
防犯用シャッターセンサーは、よりよくおみせを守るために考えられた、防犯用のシャッターなのです。

防犯用シャッターセンサーのメリット

お店が終わると、たいていのところはシャッターをしめるでしょう。
しかし、泥棒というのは多くがシャッターに目をつけ、そこから入ろうとします。

そこで、防犯用シャッターセンサーは「勝手にシャッターをあけようとすると、警報がなる」という仕組みになっていて、防犯用シャッターセンサーをやぶっての犯罪を防ぐことができる様になっています。これはとても画期的なものです。

お店で使われているシャッターというのは、一般家庭のシャッターよりもずいぶんと頑丈にできています。が、防犯用シャッターセンサーというタイプになることで、またさらに防犯率が高くなることが解っています。開けようとすると勝手に警報がなって、さらに警備会社に通報になりますので、確かに防犯用シャッターセンサーの存在は非常に心強いと言えるでしょう。

今や、防犯用シャッターセンサーは本当に多くのお店で使用されています。防犯用シャッターセンサーがあることで、よりしっかりとお店を守ることができる様になっているのです。お店の商品だけでなく、きちんとお店の財産を守ってくれるのが防犯用シャッターセンサーのいいところです。

防犯用シャッターセンサーと防火シャッター

実は、防犯用シャッターセンサー意外に「防火シャッター」というものがあります。
これはあらかじめ設置が決められているところがあり、そこに取り付けられることが多いシャッターですね。防犯用シャッターセンサーと同じくらい防火シャッターも重要な役割を果たしていますので、ぜひとも防犯用シャッターセンサーと同時に防火シャッターについても学んでみて下さい。

どちらのシャッターも、「何かを守る」という役割をもっている大切なシャッターですので、その役割についてよりよく知ることができたらいいですね。