1. >
  2. >
  3. 緊急通報システムについて

緊急通報システムについて

障碍者やお年寄りに使う「緊急通報システム」について

皆さんは「緊急通報システム」というものをご存知でしょうか。
こちらは、介護事業の一環としてつかわれているもので、大阪市をはじめとするいろいろなところで導入がされています。

緊急通報システムとは、たとえばお年寄りが自宅で急に容態がわるくなってしまった場合にボタンをおすと、受診センターにかかるというものです。万が一のときというのは、自分で電話を持つこともできなければかけることもできません。だから、ボタンをおすだけで病院につながるシステムがあるのです。このシステムを使うことで、お年寄りの生活をきちんと守ることができると言われています。

お年寄りや障碍者というのは、急にそれまでの容体がかわることもあり、注意をしなければなりません。
特にお年寄りの場合、一人暮らしをしていて急に体調が変わることもあります。一人暮らしで頼る人もいなければ、自分でつうほうができないかもしれません。だから、市で緊急通報システムを使って「緊急通報システムによる通報ができる様にする」という対策がとられています。

この緊急通報システムがあることで、お年寄りは安心して生活をすることができますし、障害者も自立した生活が可能です。基本的に24時間の健康相談をすることもできますので、不安なときはいつでも相談できるのがいいですね。また、相手から「具合はどうですか」などと電話がかかってくることもあります。
何かあった場合は委託業者がすぐに駆けつけてくれますので、そういう意味でも安心して生活をすることができるでしょう。

もちろんだれでも使うことができるシステムではありません。
でも、このシステムの存在が採用されたことで、安心して生活をすることができる様になった人も多いです。
この緊急通報システムについては、地方自治体でも注目がされていますので、今後の展開に期待したいです。

防犯のための緊急通報システムもあり

東京都では、小学校などに110番直通の電話を作り、そのことですぐに通報を可能にしています。
このような緊急通報システムを防犯的に導入している企業というのも多いそうですね。コンビニにも緊急通報システムがあり、直通で通報をすることができる様になっていますよね。このような緊急通報システムを使って、身を守るというのは全国的に行われていることです。

このような緊急通報システムの導入が、もっともっと進んでほしいと思いますよね。ぜひ、この緊急通報システムについてきちんと考えてみてほしいです。