1. >
  2. >
  3. 店内のセキュリティは大丈夫ですか?

店内のセキュリティは大丈夫ですか?

セキュリティを強化するために何が必要なのか

飲食店などではセキュリティを強化するために色々な事を行っています。
監視カメラを設置する、鍵を二重に付ける、センサーなどを付ける、警備会社と連携するなど、お金をかけて色々な対策を行っているのですが、最近多くなっているのが、飲食店に限らず、内部の犯行によるものです。

従業員による不正については色々なものがありますが、経営する側は不正が出来ないシステムを作るという事がまず犯行を未然に防ぐための大前提ではないでしょうか。
そのためには、どのような不正が報告されているのか、従業員による不正を理解しておくことが求められます。

それによって従業員による不正を防ぐ手段を考える事が出来ますし、不正をする気を起こさせないという事についても成果が得られるでしょう。

従業員が起こすよくある不正

飲食店、小売店などでよくある被害として、売上金の持ち出しがあります。
お客様がレジに清算に来た時、レジをとおさずお金を受け取り、伝票を破棄してしまうという不正です。
現在は機械化されていてレジと伝票が直結しているという所も多くなっていますので少なくなっているとはいえ、機械化されていない小売店や小さい個人営業の飲食店などではこうした被害も多いです。

レジの不正操作も従業員が侵す不正としてよく報告があります。
レジをとおして会計するのですが、その後、取引を取消、お客様から受け取ったお金を着服するという方法です。
これも誰がレジを操作したのか、そのログを残すことで被害を防ぐことができますが、古いタイプのレジではこうしたことを追う事が出来ないので、こうした被害も多くなります。

商品に手を付けるという事もよくある不正で、店長などがいない時、スタッフがお店で販売されている商品を勝手に食べるなど、スタッフ同士で悪意なく行っていることもあり、これも困りものです。
飲食物の場合、廃棄商品と在庫などの区分けがしにくいという事もあり、これはなかなか見つけることが困難です。

また、仕入れについてスタッフに任せているという場合で、経営者が原価率をチェックしていないと、仕入れ担当と納入業者間で発注を不正し、現金を支払い後に個人にバックするなどの方法も行われています。

従業員の不正を防ぐために何ができるのか

就業規則をしっかり守るために、勤務初日に就業規則をしっかり読ませ、店、会社に被害、損害を与えないこと、個人情報等、また業務上の情報を漏えいしないこと、もしも損害、漏えいなどの就業規則違反となった場合、それなりの責任をとってもらうという事を書いた契約書にサインをもらいましょう。

こうした契約書を交わすことで仕事に対しての不正は絶対に許されないという意識を持ってもらう事が出来ます。
未成年の場合、保護者に法定代理人として同意を得てもらう事も必要となるので、契約書の重要性を未成年の方にも理解してもらうきっかけとなります。

経営者がスタッフを信頼し、仕事を任せるという事は必要な事かもしれませんが、お金が関わる事については、必ずトップが確認するなど、放任にしないという事も重要です。
任せるとしても不定期に抜き打ちチェックを行う、定期的に報告書を提出させるなど、不正させない、不正する気にさせないことも大切です。

レジについては責任者が行うか、若しくは操作についてのログが残るタイプを、お金がかかっても導入する方がいいでしょう。
また納入業者への支払いなどについては現金で行わず、現金振り込みにする、現金しか取り扱わないという場合、その業者は利用しない若しくは経営者が払うなど、従業員任せにしないという事も重要です。