1. >
  2. >
  3. 廃棄物を持ち帰ったら…

廃棄物を持ち帰ったら…

空き缶

YAHOOに衝撃的なニュースが…

和たちのみぢかに存在し、生活を助けてくれる「コンビニ」。
「毎日コンビニのお世話になっている」という人もすくなくないのではないでしょうか。
そのコンビニから驚き!のニュースです。
YAHOOより、「コンビニに捨てられた期限切れ弁当バイトが持ち帰ったら窃盗罪になる?」という記事が出ていました。これをみて「えっ、期限切れの弁当って持って帰ったら犯罪になるの?」と思った人もおおいのではないでしょうか。

どういうことなのか、経緯をみてみましょう。
これは「弁護士ドットコム」に寄せられた質問だそうで、「コンビニの廃棄物を持ち帰ったら、なんと横領だと言われてしまった」ということです。
「横領」とはなんともおだやかではありませんね。
この「廃棄物」というのがコンビニ弁当だと思われますが、そもそも廃棄になっていたものを持ち帰るわけですから、バイト君からすると「ごみを持って行って何が悪い」ということになるのでしょう。
では、実際に廃棄されたコンビニ弁当を持ち帰るのって、どうなんでしょうか。

ことの経緯は

ことの経緯は、いつも廃棄物をこっそり持ち帰っているバイトくんがその日もいつもどおり廃棄物を持って帰ろうとしたところ、店長に見つかってしまった。
で、「廃棄物は会社のものであり、それを勝手に持ち帰ることは横領に当たる」と言われ、持ち帰った分のお弁当の支払いを求められたそう。
しかし、バイト君は「それは行き過ぎではないか」ということで納得できないというのが今回の質問です。
捨てるはずだったコンビニ弁当を持ち帰ったところで、どうせゴミになるだけだったんだから…と言いたいのでしょう。

気持ちは解りますが、これは「横領」ではなく「窃盗」にあたり、犯罪として成立すると弁護士さんが回答していらっしゃいました。
記事によれば、廃棄した弁当であっても所有しているのは「店」ということになるので、それを勝手に持ち帰ったとなると、やはり犯罪行為と言われてしまっても仕方ないとか。
金額が小さいものであれば刑事事件にはならないこともあるし、逆に何度も持ち帰るなどして金額が大きくなっていた悪質な場合は刑事事件になることも。
ただ、廃棄されたお弁当ですので「定価を割っているだろう」という考え方もあるそうで、支払うにしてもお店にならんでいた料金のままではなく、もう少し安くなるのではないか?と仰っています。
思わぬ落とし穴があるということですね。
廃棄物とはいえ、勝手に持ち帰るのはやめましょう。