あなたのお店は大丈夫?犯罪・セキュリティ対策まとめ

スリや万引きに狙われやすいお店の種類はあるのか

スーパーのカート置き場

店舗内の被害

店舗内にて、スリや万引きの被害に遭うケースが多発しています。
買い物客が、買い物中のちょっとした隙に財布を盗まれたり、
商品を遊び感覚で万引きをされたりする被害がよく報告されています。

さて、スリや万引きに狙われやすい店舗の種類には、何か傾向があるのでしょうか。
スリや万引きに狙われやすい店舗の種類について、紹介をしていきます。

アミューズメント施設での被害が多い

スリに狙われやすい店舗の種類について、紹介をします。
第一に狙われやすい店舗は、パチンコやパチスロ店などの店舗です。
これらの店舗では、お客様は遊ぶために現金を大量に所持している可能性が高いためです。
また、お客様がパチンコやパチスロ台に熱中しすぎるあまり、
周りへの注意がおろそかになることも、スリ被害拡大の原因にもなります。

また、台に財布を置いたままで、トイレなどに行くために席を離れた一瞬で、
財布を盗まれるといった被害もあるようです。
第二に狙われやすい店舗は、観光地のお土産物屋などの店舗です。
旅行などで観光地を訪れる際、人は非日常の休日を楽しむので、気が緩みがちとなってしまいます。
スリ犯は、そのちょっとした人の気の緩みにつけ込み、スリの犯行を行う場合が多いのです。
また、観光地では、面識のある人がほとんどいないので、スリ犯などの不審者がいたとしても、
あまり目立たないようになっています。

スーパーやコンビニエンスは万引き被害が多い

万引きに狙われやすい店舗の種類について、紹介をします。
第一に狙われやすい店舗は、スーパーやコンビニエンスストアなどの店舗です。
スーパーやコンビニエンスストアには、商品が多種大量に陳列されており、
中には、簡単に手にとって、服のポケットやカバンの中に隠せるものがあります。

また、商品棚の配置により、店員の目に届かない場所が多数存在する場合が多いことも、
万引き犯に狙われる要因の一つとなっています。
第二に狙われやすい店舗は、書店やCD、DVD販売店などの店舗です。
書店やCD、DVD販売店には、スーパーやコンビニエンスストアなどと同様に、
商品が多種大量に陳列されており、簡単に手にとって、服のポケットやカバンの中に隠せるものがほとんどです。
簡単に商品を隠して盗めてしまうところが、万引き犯に狙われる要因の一つとなっているようです。
第三に狙われやすい店舗は、生活雑貨全般を販売しているホームセンターや
カー用品を販売するカーショップなどがあります。

地元ホームセンターやカーショップ専門店では、スーパーやコンビニエンスストア以上に、
大小の商品が所狭しと陳列されていて、店員の目がなお届きにくくなっているのが、
犯行が多い原因かと推察されます。
このように、スリや万引きに狙われやすい店舗について、具体的な種類を挙げて紹介をしました。
しかしながら、これらの店舗の他にも、スリや万引きの被害を受けた店舗の種類は、多種多数存在しており、
どのような種類の店舗であっても、セキュリティ対策を行うことは必要であると考えられます。