1. >
  2. >
  3. 偽札やつり銭詐欺に狙われやすい時間帯はあるのか

偽札やつり銭詐欺に狙われやすい時間帯はあるのか

ショップ内

お昼時の混雑した時間帯が危険

店舗における偽札を使用した犯罪や、つり銭を騙し取るつり銭詐欺などは、
昔から存在し、現在でも無くなることはありません。
このような偽札詐欺やつり銭詐欺が行われやすい時間帯はあるのでしょうか。
そのような傾向が分かっていれば、犯罪防止に役立つのではないでしょうか。
以下に、偽札詐欺やつり銭詐欺に狙われやすい時間帯について紹介をします。

偽札詐欺

まずは、偽札詐欺に狙われやすい時間帯について紹介をします。

第一に狙われやすい時間帯は、午前11時から午後1時までのお昼どきの時間です。
この時間帯では、昼食をとるために、飲食店やコンビニエンスストアなどの店舗で、大変混み合った状態となります。
そのような混雑を利用して、偽札を使った犯罪が行われる訳です。
また、店舗の店員側も店内が混雑しているので、
忙しさで注意力が散漫になってしまうことも犯行を見逃しやすい要因の一つとなっているようです。

第二に狙われやすい時間帯は、午後4時から午後6時までの夕方の時間です。
この時間帯では、夕食の準備のための買い物をする主婦や、学校帰りの学生などで、込み合う店舗が存在します。
そのような混雑を利用して、偽札が使用されます。

第三に狙われやすい時間帯は、午前10時から午後0時までの開店後すぐの時間です。
これは、店舗でのバーゲンセールや新商品発売時などに限定されるものです。
バーゲンセールや新商品発売時には、商品の数が限定されているため、
商品を手に入れるために、店舗の開店前から多くのお客様が列を作ります。
そのため、開店後すぐに店内は混雑してしまいます。
そのような混雑の中で、偽札が使用されてしまう訳です。

つり銭詐欺

つり銭詐欺に狙われやすい時間帯について紹介をします。
第一に狙われやすい時間帯は、午前11時から午後1時までのお昼どきの時間です。
これは、偽札詐欺に狙われやすい時間帯と同様です。
つり銭詐欺でも、店内が混雑した時間帯を好んで犯行時間に選ばれるようです。

第二に狙われやすい時間帯は、午後4時から午後6時までの夕方の時間です。
これも、偽札詐欺に狙われやすい時間帯と同様です。
混雑していると、店員の注意力も散漫になるため、犯行を行いやすいのが理由の一つとなっています。

第三に狙われやすい時間帯は、午前0時から明け方6時までの時間です。
このような時間帯に営業している店舗が対象になります。
深夜帯に営業している店舗では、対応する店員が一人であることが多く、
偽りでつり銭誤りを指摘して、つり銭を不当に多く貰う詐欺が発生することがあります。
これは、混雑時の場合とは真逆で、店舗内に他のお客がほとんどいない状態で、
店員と詐欺犯との一対一での状況で起こりえるケースとなります。
このように、偽札詐欺やつり銭詐欺には、それぞれ発生しやすい時間帯が存在することが分かりました。
店舗経営者や店員は、このような犯罪発生傾向を踏まえた上で、
犯罪撲滅のために、セキュリティ対策を強化していく必要があります。